月別アーカイブ:2019年04月

読書する人

定年後の生活

「定年本」5選 ~ 平成を働き抜いて、令和で引退する人へ

令和元年。平成元年に入社した人が、役職定年後あるいは定年後を考える年代になるころです。退職後の生活をより楽しくするために、これからのことを考えてみるのは如何でしょう。「定年本」のいくつかをご紹介します。あなたの「令和」を、いい時代に!

くぎ

定年後の生活

定年後「何もしないのが一番」という考え方にくぎを刺してみる

「定年本」には、定年後の生活変化に備えるハウツー本と、焦る必要なしのアンチハウツー本がありますが、アンチハウツー本にはご注意。定年後の人生に「必要なことはないか」「今から始めた方が良いことはないか」、そんな視点を持って読んでほしいと思うのです。

女友達

いい人間関係

男性も学ぶところあり!~「“女の友情”の悩み」

NHK あさイチの特集「“女の友情”の悩み どうすればいい?」、男性(特に会社を離れた男性)にも参考になる話が満載でした。「友情」の扱い方と同時に、女性ならではの感じ方を知っておくと、夫婦のコミュニケーション改善にも役立つかもしれません。

老活

定年後の生活

「老活」という言葉について、改めてもう一言

先日の投稿で、「老活」って言葉の響きと、紹介されていた「若いうちから老け込んだような活動」について少々ご意見させていただいたわけですが、これ自体は古くからある言葉のようでしたので、情報追加と改めて一言。しつこくてすみません(汗)

Life-Stage

定年後の生活

「老活」という言葉について一言、言っておきたい

「人生100年時代」という言葉も定着して、関連する記事や書籍が目につきます。「終活」に加えて「定活」「老活」という言葉も耳にするようになりました。ただ、個人的にはこの「老活」という言葉の響きには抵抗があります。もうちょっといい言葉、ないかな・・・

Natsuzora-Toptitle

定年後の生活

「ひとはひとを当てにする者を助けたりはせん」~朝ドラの名セリフより

2019年の朝ドラ「なつぞら」4/4放送の回での草刈正雄さんのセリフが話題になりました。老後も同じ。家族であろうがなかろうが、お金を払っていようがいまいが、何かをしてくれるのが当たり前と考えている人に心の底から手を貸してくれる人はいないのです。

tennis-racket

テニス

歳をとっても無理のないテニス、「窪田テニス」の凄さ

テニスのYoutube動画で革命的にわかりやすい!と思ったのが「窪田テニス」です。長くテニスを続けたい人も、これからテニスを始める人も、なぜうまく打てないのか、どうしたらうまく打てるのかを体の構造レベルで教えてくれる「窪田テニス」、おススメです!

kaigyo-todoke

起業してみる

平成が令和になる前に ・・・開業届を出してきました!

2019年4月で平成が終わり、5月から年号が「令和」になります。だからというわけではないのですが… 平成のうちに開業届をだそう!と、決意いたしました。決意したからには「善は急げ」で早速、提出してまいりました。ここに、正式に公式に「開業」したことをお知らせします。手続き簡単、覚悟のみ!

money-house

お金のこと

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」は役に立った?

定年後不安のひとつとしてお金の問題は外せません。お金のことも少しは勉強しないと!と思い、ネットで見つけた無料講座「お金の教養講座Plus」を受講してきました。主催は「お金の教養」を身につける総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」です。

© 2021 MoonLife-Style All Rights Reserved.