Enjoy Your Second Life

コロナに負けない!リモートワークで弾かれない!

 
在宅勤務と青空
この記事を書いている人 - WRITER -
望月マサキ
【つながりライフデザイナー】望月マサキ
定年を前にして57才で早期退職しました。どちらかというと犬系、人懐っこいTypeの元気なオヤジです。個人プレーよりチームプレーが好き、どうせならいいチーム・いい仲間と楽しみたいと思うのです。「つながりライフデザイナー」として、絶賛プチ活動中!

【趣味・好きなこと】
テニス、ダイビング、スキー、B級グルメ、ラーメン、日本酒、温泉、路地裏が楽しい飲み屋街、ドライブ、ドラム、バンド活動、パソコン、AVガジェット、等… 人と遊べる楽しそうな事全般(笑)。今はドラムとテニスがもっと上手くなりたくて ・・Youtube見てます^^。どちらかというと体を動かすのが好きですが家にいるのも好き。高くて雰囲気がいい店より汚くても安くて美味しい店が好き。家族や仲間と楽しい時間を過ごしている時、幸せを感じます。
詳しいプロフィールはこちら

患者数の拡大がとまらない新型コロナウイルス。

今日は、志村けんさんが亡くなったという悲しいニュースが…

ますます、人との接触がはばかられるようになっています。リモートワーク(在宅勤務)を命じる会社も増えていますが、

これをどう受け止めるかは定年世代の我々にとって

これから先、会社に残れるか残れないか

を左右することになるかもしれません。

 

新型コロナウイルスのこと

 コロナウイルスと世界

昨年末の段階ではまだ中国の問題で、「抑え込めばいい」と考えられていた新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、今や「世界 vs ウイルス」の戦いです。

世界中がピンチ。

中国、韓国、イタリア、ヨーロッパ、アメリカ…。ダイヤモンドプリンセス、北海道、東京…。「発症しない感染者」がウイルスを拡散して重症患者を生むという、敵が見えない怖さ

保菌者の「抑え込み」に失敗し、今は誰もが菌を運んでいるかもしれないという前提に立った行動が求められる段階になりました。

そしてオリンピックの延期発表、外出自粛要請、もしかしたらロックダウン(都市封鎖)、非常事態宣言?

今日はまさかのあの人が…

志村けんさんが死去、新型コロナ感染で肺炎 – 産経ニュース

全国民が驚き、涙しています。

毎日の感染者死亡者の「数字」のニュースを、一気に「身近な人の死」の感覚に引き寄せてくれました(しまいました)。まるで、身内がいなくなる感覚。

「うつしたら、大事な人が死んじゃうんだ」

今まで甘く考えていた若い人も、自分事として捉えるはず。

国民の危機感を一段引き上げてくれることでしょう。

ありがとう。RIP…

 

リモートワーク(在宅勤務)を活かせる人

パソコンに自宅勤務カード

感染拡大を防ぐため、社員を守るために、ネットとPCを使った自宅での業務を推奨する企業が増えています。

リモートワーク、テレワーク、在宅勤務、呼び方は色々ですが、家で仕事ができるなら感染の心配もないし、通勤不要だし、電話も鳴らず、リラックスして仕事ができるし、有り難いと思う人が多いのではないでしょうか。

会社にしかない資料や情報がとれないという不便はありますが、集中できる時間がまとまってとれて、普段手を付けられなかった仕事を片付けるチャンスです。

2~3日のリモートワークなら、残務を片付けるだけで良いかもしれません。

ところが2週間、3週間となると、それだけではやることがなくなってしまうでしょう。

そんな長いリモートワーク、普通は考えられませんが、噂されている「ロックダウン(都市閉鎖)」のような事態になったらありえないこととは言えません。

そんなときこそ、

  • 業務を俯瞰できる力
  • 次に何をするべきかを考える力
  • そのために自ら勉強する力
  • 提案できる力

が大事になります。

次のアクションを考える貴重な時間になるかもしれません。

目の前の仕事しか頭にない人人に言われたことしかやらない人は、淘汰されていくでしょう。

普段から問題意識をもって仕事に取り組んでいるかどうかが問われることになります。

 

会社にいるだけの人(妖精さん)は不要

パソコンと暇なおじさん

ここで問題なのは、会社に「いること」が仕事になっている人

会社に来なくていいとなると、会社でのわずかな会話も、頼まれごともなく、何をやっているのかますます不明確になってしまいます。

会社に「いるだけ」の人が浮き彫りになって、逆に目立つことになってしまうかもしれません。

リモートワークをどう過ごしていいのか不安になってしまうとしたら、危機意識が必要です。

 

リモートワークのスキルは社外でも活きる

在宅勤務パソコン

実は、リモートワークで人と差をつけるために必要な能力

  • 俯瞰できる力
  • 次に何をするべきかを考える力
  • そのために自ら勉強する力
  • 提案できる力

は、会社業務以外でも役に立ちます

私が会社を辞めてから知り合った起業家の皆さんは、みなさんこの能力を持っています。

フリーランスで請負仕事をしている人の場合も、個々の仕事は受注内容をこなすことであっても、受注するための努力や仕事の選び方には上記の能力が必要です。

こうした意識をもって仕事に取り組むこと、能力を高めることは、会社を辞めた後もきっと役に立ちます。

頭を柔らかくして、広い視野をもって、色々なことに興味を持ちましょう。

 

そして、パソコン一つでどこでも仕事ができるスキルは、起業家に求められるスキルのひとつでもあります。

私のお知り合いは個人事業主が多く、ひとりで何でもこなさなければなりません。移動中も、移動先でも、仕事をこなしたり勉強したり…

新型コロナウイルスの影響で、打ち合わせやレッスンをZOOMで行うケースも増えています。

新しい仕事を探すうえでも、起業を考える上でも、リモートワークはいい練習になるでしょう。

わたしも…  頑張ってます (^-^;

 

自宅の居場所を見直すチャンス

窓際のノートパソコン

通勤時間や飲みに行く時間が自宅での自由時間にかわって、自宅の用事をしたり趣味の時間が増えて喜ぶ人も多いかと思います。

2~3日ならちょっと長い週末の感覚ですが、

2週間、3週間となると、

ちょっとした定年後のシミュレーション

になりますね。

「会社がないとヒマでしょうがない!」
「自宅で邪魔にされて居場所がない!」

という人は、定年後も同じことになる可能性大です。

いい予行演習ができたと思って、今からご自身と家庭の環境改善に取り組みましょう。

お恥ずかしいですがご参考になれば…↓

 

リモートワークをバネに、自分を見つめ直そう

オフィスビルとサラリーマン

リモートワークをきっかけに、「会社だけが居場所」だったり、「会社にいることが仕事」だったりする人が浮き彫りになってしまうでしょう。

もしかしたら、自分がそうだったことに気がついてしまうかもしれません。

普段からの仕事に対する意識や取り組みが、こんなときに差に出ます。

こんなときにも結果が出せる人、提案ができる人が、生き残っていけるのでしょう。

そしてその能力、リモートワークのスキルは、退職後のセカンドライフにも活かすことができるはずです。

ピンチをチャンスに!

 

その前に。

新型コロナウイルスの感染には十分に気を付けて、毎日を過ごしましょう…

 

記事がお役に立ちましたら1クリックいただけると…感謝!^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へにほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへにほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
望月マサキ
【つながりライフデザイナー】望月マサキ
定年を前にして57才で早期退職しました。どちらかというと犬系、人懐っこいTypeの元気なオヤジです。個人プレーよりチームプレーが好き、どうせならいいチーム・いい仲間と楽しみたいと思うのです。「つながりライフデザイナー」として、絶賛プチ活動中!

【趣味・好きなこと】
テニス、ダイビング、スキー、B級グルメ、ラーメン、日本酒、温泉、路地裏が楽しい飲み屋街、ドライブ、ドラム、バンド活動、パソコン、AVガジェット、等… 人と遊べる楽しそうな事全般(笑)。今はドラムとテニスがもっと上手くなりたくて ・・Youtube見てます^^。どちらかというと体を動かすのが好きですが家にいるのも好き。高くて雰囲気がいい店より汚くても安くて美味しい店が好き。家族や仲間と楽しい時間を過ごしている時、幸せを感じます。
詳しいプロフィールはこちら
Google アドセンス

Google アドセンス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です