起業してみる

平成が令和になる前に ・・・開業届を出してきました!

2019-04-06

kaigyo-todoke

4月で平成が終わり、5月から年号が「令和」になります。

だからというわけではないのですが…

平成のうちに開業届をだそう!

と、決意いたしました。

決意したからには「善は急げ」で早速、提出してまいりました。

ここに、正式に公式に「開業」したことをお知らせします

 

開業届、平成で出すか?令和で出すか?

…って、打ち上げ花火みたいになっちゃってますけど^^

 

2019年4月1日のお昼前、次の元号が「令和」になることが発表されました。

私は親戚宅に向けて車で移動中で、母と奥さんとお昼を食べに入った寿司屋のカウンターで、テレビを見ていました。

「令和」

REIWA-Gengou

 

その時クラプトンのギターリフが脳内で鳴りだした人が、日本国内だけで100万人はいたのではないでしょうか(多め推測)。

とかくだらないこと考えていたら、移動中の車の中で聴いていたFMで早速流れました「いとしのレイラ」。

やはり(笑)

 

元々、スケジュール的には4月に開業届が出せたらいいなぁぐらいに考えていました。

うまいタイミングで屋号も決まり、ドメインもとって、開業届を出す腹決めができました。

しかしながら5月から新しい年号になるということで、平成のうちに出すか、新しい年号で開業とするか、どっちにしようかな~と迷ったのですが・・・

屋号も決めたことだし、早いとこ覚悟決めちゃえ!

ってんで、えいやっと提出してまいりました。

ちなみに提出した4月5日は、34年前に私が社会人になった日。

ある意味、記念日ですね。(*^^*)

 

メモ

開業届には、屋号は記入しなくても大丈夫です。気持ちの問題です。ドメインは記入欄すらありません。
職業(自己申請)と、事業の概要が書ければ誰でも提出できます。

 

開業届の記入と提出

確定申告もそうでしたが、やったことがないことはハードルが高く感じるものです。が、

開業届は書くのも出すのもあっけないほど簡単!です。

やることさえ決まれば、誰でも個人事業主になれる!ですね。

記入の仕方は検索すればありますし、それほど難しい所はないですが、迷うのは「職業欄」です。

実はここもあまり大事ではなくて、確定申告の際に職業欄に何を書くかの方が重要だそうです(てことは確定申告のときに開業届と違う職業を書いてもOKなのかな?)

とは言ってもちゃんとした職業を書きたい!という方は、総務省の「日本標準職業分類」を参考にしてみてください。

私の場合、わかりやすい職業分類にあてはまるものがなくて、逆に間違ってなければ何を書いても自由ってことで。

税務署の人が「なんじゃそりゃ?」って思わなければOKですね。

それよりも注意したのは、職業によって非課税になったり税率が違ったりするらしい、ということ。

なので、私の住んでいる神奈川県の個人事業税課税対象となる事業(法定業種)を見て、ズバリ該当する職種を書くのは避けました。

例えば「コンサルタント業」なんてのは法定業種に入っていて、税率5%になっています。

最初は「ライフコンサルタント業」とか書いていたのですがそれを見て修正、「ライフアドバイザー業」で提出しました。

確定申告の頃にどうなってるか、わかりませんけど。(^^ゞ

それより、税金払うぐらい稼いでからの話ですかね(笑)

 

~今回参考にさせて頂いたサイト~

 

まとめ ・・・開業しました。よろしくお願いします!

と、いうわけで、

MoonLife-Style、開業です!

といっても、

会社でもないし 事務所もないし 従業員もいないし 仕事作るのこれからだし、経済状況はまったく変わらないんですけどね。

ここからがスタートです。

器ができても中身が大事。
方向はずらさず、笑って前に進もうぜ。

ヨ~ソロ~♪

 

ブログ村参加中! 1クリックいただけると喜びます^^
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ  にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

  • この記事を書いた人
望月マサキ

望月マサキ

どちらかというと犬系人懐っこいType、57歳で早期退職した元気なオヤジです。会社人生を卒業したら 自分の人生にシフト!毎日をワクワク過ごしましょう。楽しい場所と良い人間関係を育てるための、毎日の過ごし方のコツをお伝えします。ドラムも教えています。

-起業してみる
-,

© 2021 MoonLife-Style All Rights Reserved.