Enjoy Your Life

「ひとはひとを当てにする者を助けたりはせん」~朝ドラの名セリフより

 
Natsuzora-Toptitle
この記事を書いている人 - WRITER -
望月マサキ
【つながりライフデザイナー】望月マサキ
定年を前にして57才で早期退職しました。どちらかというと犬系、人懐っこいTypeの元気なオヤジです。個人プレーよりチームプレーが好き、どうせならいいチーム・いい仲間と楽しみたいと思うのです。「つながりライフデザイナー」として、絶賛プチ活動中!

【趣味・好きなこと】
テニス、ダイビング、スキー、B級グルメ、ラーメン、日本酒、温泉、路地裏が楽しい飲み屋街、ドライブ、ドラム、バンド活動、パソコン、AVガジェット、等… 人と遊べる楽しそうな事全般(笑)。今はドラムとテニスがもっと上手くなりたくて ・・Youtube見てます^^。どちらかというと体を動かすのが好きですが家にいるのも好き。高くて雰囲気がいい店より汚くても安くて美味しい店が好き。家族や仲間と楽しい時間を過ごしている時、幸せを感じます。
詳しいプロフィールはこちら

朝ドラ見てます。

朝8時からの15分、昨夏までは通勤電車に乗っていた時間帯ですが、今はテレビ見れちゃうもんね。

すみません。(^^ゞ

この4月からは「まんぷく」に変わって「なつぞら」が始まりました。

Natsuzora-title

今は、主人公のなつが戦死したお父さんの友人にひきとられて北海道にやってきたあたりのお話です。

子役の粟野咲莉ちゃんの劇団風な演技にう~ん…と思うこともありますが、チコちゃん風カットが可愛い(笑)

 

草刈正雄さんの名セリフに泣いた

まだ始まったばかりの「なつぞら」ですが、4/4放送の回での草刈正雄さんのセリフが話題になりました。

突然東京から北海道に連れてこられて周囲から同情や好奇の目で見られる中、必死で居場所を見出そうとするなつに対してただ一人厳しく接するおじいさん役を草刈正雄さんが演じていますが、

これがカッコいい!

そのいでたちもセリフも、アルプスの少女ハイジに対する「アルムおんじ」みたいですね。

存在感あるわ~

ネットでも話題になったこの日の名セリフは、それまでなつに厳しく接してきたおじいさんが突然なつを街に連れ出して、馴染みの甘味処で一緒にアイスクリームを食べるシーンで語られました。

 

「ひとはひとを当てにする者を助けたりはせん」

「それは、お前が絞った牛乳から生まれたものだ。よく味わえ。

ちゃんと働けば、必ずいつか報われる日がくる。
報われなければ、働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。とっとと逃げ出しゃいいんだ。

だが、一番悪いのは、ひとがなんとかしてくれると思って生きることじゃ。

ひとはひとを当てにする者を助けたりはせん。

逆に、自分の力を信じて働いていれば、きっと誰かが助けてくれるものだ

Natsuzora-icecream
 (第一週ダイジェスト 3:30ぐらいから)

・・・なつの目に、涙

なんて素晴らしいセリフ!

TVを見るオヤジの目にも、涙 (T^T)

 ・・・いらない情報でしたすみません(^^ゞ

 

お金じゃない、助けてもらえる人生にしよう

草刈正雄さんのセリフ、

「一番悪いのは、ひとがなんとかしてくれると思って生きることじゃ」

老後も同じ。

何の努力もしないで人をあてにするのはダメですね。

もうひとつ、お金もあてになりません。

 

さあ、定年。

いままでお疲れ様でした、しばらくゆっくりしてください。

ゆっくりって、いつまで?(笑)

そこから先の何十年、ずっとゆっくりできますか?

お金さえなんとかなれば、家族がなんとかしてくれるでしょうか。

老人ホームに入れば、ホームがなんとかしてくれるでしょうか。

「世話をしてもらうだけの自分」って何でしょう。

 

ひとの世話にならないように一生懸命お金を貯めても、結局世話をしてくれるのは「ひと」です。

サービスだからお金を払えば払った分だけのお世話をしてくれるはずですが、それは単なる「契約」。

家族なんだから世話をするのが当たり前、お金を払っているんだから世話をするのが当たり前と考えて、人としてのお付き合いができない人は、家庭内で、施設内で、当然のように孤立していくでしょう。

家族であろうがなかろうが、お金を払っていようがいまいが、何かをしてくれるのが当たり前と考えている人に心の底から手を貸してくれる人はいないのです。

 

そこで気持ちよく生きていきたいと努力する人にこそ、人は気持ちよく手を貸してくれるのだと思います。

お金を貯めることも大事ですが、人が気持ちよく手を貸してくれるような「信用」「人望」「良い人間関係」を貯めておかないと、助けてくれる人が周りにいなくなり、不安ばかりが積み上がることでしょう。

 

まとめ ・・・定年後も人をあてにせず、自ら動き出そう

定活」という言葉があります。

 

定年後、家でじっと待っていても楽しい出来事はやって来ません。

それどころか家族の邪魔にされるのがオチかも。

自分から動かなければ、何も起こりません。誰も助けてくれません。脳も体も弱っていく一方です。

人が気持ちよく手を貸してくれるような「信用」「人望」「良い人間関係」を貯めていくために、できることを探してみませんか。

今から。

 

記事がお役に立ちましたら1クリックいただけると…感謝!^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へにほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへにほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
望月マサキ
【つながりライフデザイナー】望月マサキ
定年を前にして57才で早期退職しました。どちらかというと犬系、人懐っこいTypeの元気なオヤジです。個人プレーよりチームプレーが好き、どうせならいいチーム・いい仲間と楽しみたいと思うのです。「つながりライフデザイナー」として、絶賛プチ活動中!

【趣味・好きなこと】
テニス、ダイビング、スキー、B級グルメ、ラーメン、日本酒、温泉、路地裏が楽しい飲み屋街、ドライブ、ドラム、バンド活動、パソコン、AVガジェット、等… 人と遊べる楽しそうな事全般(笑)。今はドラムとテニスがもっと上手くなりたくて ・・Youtube見てます^^。どちらかというと体を動かすのが好きですが家にいるのも好き。高くて雰囲気がいい店より汚くても安くて美味しい店が好き。家族や仲間と楽しい時間を過ごしている時、幸せを感じます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MoonLife-Style(ゆるく楽しくセカンドライフ) , 2019 All Rights Reserved.