お金のこと

楽天でつみたてNISA始めました ~ インデックス投資勉強中

2020-04-26

投資-時間と積立

これまで「お金は郵貯か銀行へ」の私でしたが、

初めて「投資」というものに挑戦してみました

投資といっても、「少額」「積立」「低リスク」のかわいいもんです。

今はリスクの小さい投資の仕組みがあるのを知って、勉強を兼ねて。

でも、初心者なりに勉強しました。今おススメのやり方に、しっかり乗らせていただきました。

家にいる時間がたっぷりある今、投資の勉強はいかがでしょう。

「一日でも早く始めた方が吉!」みたいですよ…

では、ど素人が投資の世界に小さな一歩を踏み出したまでを記します。

 

ゼロ金利、お金の価値が減っていく

投資初心者

元々がギャンブルやらない派ですので、株や投資にも縁がない人生を送ってきました。

株価とか為替の変動に気を使いたくないですし、損はしたくないし、そもそも投資するほどのお金をもってなかったし。

お金は銀行に預けっぱなし、投資の勉強とか考えたこともありませんでした。

しかしだ

銀行の金利はほぼゼロ、それどころかマイナス金利とかいう話も。物価の上昇率が0.5%程度だから、お金の価値がどんどん減っているということですね

ちなみに物価上昇率を50歳以上の世帯でみると、1%を超えてます

単純に言えば、金利が1%ないとお金の価値をキープできないということです

 

銀行からの投資話には要注意

黒い招き猫

ところで退職金が入ると必ず、銀行から電話がかかってきます

話の内容は、退職金の運用について。

私のところにも電話があって、おいしそうな話を二つほど紹介されました。

当時は全く知識がなくて、「退職金定期プラン特別金利6%」とかすごいじゃん! なんて思っていましたが、相談していたFPからあまりいい顔をされず、結局お断りしました。

ざっくり言うと、

  • 定期の特別金利期間は短いし、
  • 同額を投資に回すことが条件だし、
  • 投資の手数料が高いし、
  • 結局あまり得ではない、

ということです。

このあたり、こちらの記事に見事に書かれていました。

4割の人が不満?銀行の「退職金運用プラン」のからくり(週刊ダイヤモンド編集部)

ちょっと前の記事ですが、まさにこの通り。銀行の手数料商売ですね。

 

今ならよーくわかりますが、あの頃は他のこと知らなかったし、営業の話術がもうちょっと上手だったら乗っていたかもしれない。あぶねー(^^;

もちろんいい商品なら利益はでると思いますが、銀行の手数料分ハードルは上がります。それなら自分で勉強して投資した方がいいんじゃないかな、と、今なら言える。

皆さん、よーく考えてくださいね。

 

できそう!「ほったらかし投資」

手の平と積立

とは言っても「投資」という言葉に、それまで全く心が動かなかった私。

知識ほぼゼロ。

こんな時はまずGoogle先生に聞いてみよう。

「投資 はじめて おすすめ」とか「投資 何から」とか、検索して手当たり次第に見ているうちに、「ほったらかし投資」という言葉があることがわかりました。

ざっくり言うと、

「投資環境を整えたら、あとはなるべく手をかけず、放っておくだけの投資」

これなら私でもできそうだ!

 

少額から投資可能、インデックス投資

電卓と上昇グラフ

投資というとまず頭に浮かぶのは、どこかの会社の株を買って株価の上下に一喜一憂(株以外もありますが)という光景なんですが、

ほったらかし投資でおススメされているのは「投資信託」です。

投資信託は、

投資信託

  • 運用の専門家(運用会社)が、投資家から資金を集める
  • 運用会社は、集めた資金をいろいろなところへ投資する
  • 投資家は、少額でいろいろな投資をすることができる

という仕組みです。

 

投資の手法として二つあります。

投資の手法

  • アクティブ投資:プロの目利きで投資先を決めて運用する投資信託
  • インデックス投資:日経平均株価・TOPIXなどの「株価指標」と同じような動きをするように運用する投資信託

プロが運用する「アクティブ投資」の方が儲かりそうですが、実際は「インデックス投資」以上の成績をあげられることは少ないそうです。

そして、長期で投資を続ければ勝てる、ほったらかしOK。

これはもう、インデックス投資一択!

 

株価指数には、上記の日経平均株価・TOPIX以外にも、よく耳にするダウ平均株価、NASDAQ総合指数、S&P 500(全て米国)、他に先進国、世界、新興国など多くの指数があり、インデックス投資では、どの株価指標・組み合わせで運用するかで成績が変わってきます。

投資信託で、商品ごとの特徴がでるところですね。

商品を何にしたらいいかは、…あとで考えよう。

 

今から始めるなら、つみたてNISA

つみたてNISA

投資環境で言うと、税制優遇がある次の3つの制度を利用するのが鉄板。

  • iDeCo
  • NISA(一般NISA)
  • つみたてNISA

利益にかかる税金が免除されるというメリットがあるので、実質的な金利がプラスになるというご利益があります。使わないと損ですね。

でも「iDeCo」は加入条件が60歳未満ですと。今から始めても超短期間、チ~ン (^^;

 

「NISA」と「つみたてNISA」では、

一般NISAとつみたてNISA

  • 「一般NISA」は、毎年120万円の投資まで非課税、非課税期間は最長5年間
  • 「つみたてNISA」は、毎年40万円の投資まで非課税、非課税期間は最長20年間

なんですが、2018年から始まったばかりの「つみたてNISA」には、「対象となる投資信託を金融庁が選別しており、優良な投資信託だけが用意されている」というとても安心な特徴があります。

まさに投資初心者向け。

よし、つみたてNISAやってみよう!!

と、心は決まりました。

 

・・・・・

脱・銀行。やっと動き出しましたが、

具体的にはどうしたのかについては、

続く (^^ゞ

 

口座開設まで
電卓とグラフ
楽天でつみたてNISA始めました ~ 証券口座の開設まで

投資初心者がつみたてNISAを始めるまでの話の続きです。「つみたてNISAでインデックス投資」実行にあたり「証券口座はどこでつくるか?」を検討。結果「楽天カード+楽天銀行+楽天証券」トリオ最強説にのって投資環境を作りました。投資開始まであと一息!

続きを見る

 

今回の参考サイト

ほぼ知識ゼロだったので、「投資の入り口まで」を初心者なりに勉強しました。

ネット情報だけだといきなり狭い深いところに行きがちなので、
まずは雰囲気だけネットでつかんで、
自分に合いそうな本を読んで、
随時必要な情報をネットで調べて、
というのがいいみたいです。いくつかご紹介します。

こちらのサイトでは基本から勉強させていただきました。

おススメ本を一冊、ご紹介しておきます。
これを読んでやる気になりました。超おススメ!

 

ブログ村参加中! 1クリックいただけると喜びます^^
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ  にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

  • この記事を書いた人
望月マサキ

望月マサキ

どちらかというと犬系人懐っこいType、57歳で早期退職した元気なオヤジです。会社人生を卒業したら 自分の人生にシフト!毎日をワクワク過ごしましょう。楽しい場所と良い人間関係を育てるための、毎日の過ごし方のコツをお伝えします。ドラムも教えています。

-お金のこと
-,

© 2021 MoonLife-Style All Rights Reserved.